2017年7月23日日曜日

ANU Crawford School 第1セメスターの成績

オーストラリア国立大学(ANU) Crawford School での第1セメスターの成績が確定しました。僕の成績は、HD(High Distinction)x2とD(Distinction)x2です。

まず、ANUの成績システムについてご説明の必要がありますね。大きくは、50点以上が合格、50点未満が不合格です。合格のうち、50-59: Pass, 60-69: Credit, 70-79: Distinction, 80-100: High Distinction です。詳しくは下表「Grading Scale」をご覧ください。


Grading Scale
Source) ANU
次に、GPAですが、オーストラリアの大学はアメリカの大学と異なり、大学ごとに個別のGPA算出基準をもつようです。ANUのGPA算出基準のリンク<http://www.anu.edu.au/students/program-administration/assessments-exams/grade-point-average-gpa>を添付しておきます。僕の場合、GPA6.5になるようですけれども、意味合いはまだよく理解していません。アメリカ基準だとGPA3.5になるのかなぁ?と思っています。

最後に、第1セメスターの成績を受け取った感想です。ANUは日本の大学・大学院と違って、容赦なく低いスコアをつけます。クラスメイトも驚いていました。これが、世界第20位にランキングされる一つの要因かもしれないとも思います。簡潔にいうと、同じ学位でも良い成績と悪い成績では雲泥の差があることを成績が示すということです。おそらく不合格の人も少なからずいると思います。

第1セメスターの成績については、自分では納得しています。慣れない英語・経済学を含む新しい環境のもとでよく頑張ったと思います。もし外国の大学院で全部HDやAを取りたければ、国内の大学と同じ専攻を選択すべきだと思います。僕のように専攻を変えるとかなり厳しいです。明日から第2セメスターが始まります。

2017年7月9日日曜日

エコノミスト?

キャンベラに戻って来て約1週間が経ちました。第2セメスターのPSP(プレセッショナルプログラム)に参加しています。僕はマクロ経済学の1コマだけです。半年遅れで入学した後輩たちが疲れ切った表情で全プログラムに参加しています。僕も半年前はこんな感じだったのかなぁ?とギョッとしつつ、こんな横柄な態度の若者たちがエコノミストになって社会にとって何の意味があるんだろう?とちょっと懐疑的になっています。

オーストラリア国立大学(ANU)大学院入学前は、ANUの国際性や途上国の官僚の多さなどに魅力を感じていました。志の高い途上国の若者に会えると期待していたのです。しかし、日本の大学とそう変わらないのかなぁ、と思い始めています。クラスメイトの多くは、自分の生活水準の向上のために大学院に来ているように思えてならないのです。自分の国の貧しい人たちを救いたいという志を語る人には残念ながらまだ出会っていません。

翻って自分自身のことを考えると、僕自身にとっても、卒業後の自分の生活は重要です。妻と一緒に良い暮らしがしたい。でも、人生はそれだけじゃないだろう?と思うわけです。社会に対する貢献、僕の場合は、途上国の貧困問題に貢献することを仕事にしよう、と決意して日本を出たのです。愚かな人間です。第1セメスターの勉強の忙しさ故に、早くも初心を忘れてしまっていたように思います。

ANU Crawford School での勉強が、卒業後の僕の仕事に本当に役立つのでしょうか? 大学院で学ぶ数学が本当に役立つのでしょうか? Crawford Schoolの経済系は明らかにエコノミスト養成コースです。一方、僕はNGO等で働くことを考えています。現場にゆくことと書くこと。この両方を生業としてゆきたいと考えています。考えれば考えるほど悩みは大きくなりますが、どんな人生も矛盾を抱えつつ、突き進むしかないのでしょう。歩きながら考え続けることにしましょう。

2017年7月3日月曜日

胸に込み上げてくる歌 「Wiz Khalifa - See You Again ft. Charlie Puth」

今日で1か月弱の冬休みも終わりです。明日キャンベラに帰り、早速第2セメスターのPSP(プレセッショナルプログラム)に参加します。ブリスベンにいる間によく聞いた歌を紹介したいと思います。「Wiz Khalifa - See You Again ft. Charlie Puth」<https://www.youtube.com/watch?v=RgKAFK5djSk> です。

サビの歌詞がいいですね。「It's been a long day without you, my friend. And I'll tell you all about it when I see you again.」の辺りです。このフレーズを聴いたとき、胸に込み上げてくるものがありました。まだ日本を離れて1年3か月しか経っていないんですけれども、日本に住む親友たちの顔が浮かんできました。

この歌は 「Furious 7」 というカーアクション映画のサウンドトラックなんですが、主演のPaul Walkerは現実の私生活の自動車事故で若くして亡くなったそうです。僕も親友の一人を交通事故で失くしているんです。PV(プロモーションビデオ)の随所に出てくるPaulの笑顔が素敵です。

PVの最後のシーンもいいですね。親友と同じ地点からスタートしてそれぞれ別々の車で別々の道を進む。親友は真っ直ぐ進むけれども、Paulは左に曲がってゆくんですね。他の人と違う道を選んで、日本のビジネスマンを辞めた僕にはグッとくるものがありました。
Source) You Tube
僕はオーストラリアで寂しいという気持ちはあまり感じていないつもりだったんですが、暖かいブリスベンで妻と久しぶりに一緒に暮らしてフッと緊張感が抜けたのかもしれませんね。留学生や日本を離れて長い方の中にも共感してもらえる方がいるかもしれません。オススメの一曲です。

この1か月弱の間、僕のブログを読んでくださった方、ありがとうございました。これから第2セメスターが始まります。毎日は難しいですけれども、引き続き、ブログをアップしてゆきたいと思います。留学を目指している方も、留学中の方も、応援していますよ。お互い、頑張りましょう。

2017年7月2日日曜日

オーストラリアのチョコレート菓子 'Tim Tam'

オーストラリア独特の品は農産物しかないのかなぁ? なんて思っていましたが、ありました! オーストラリア独特のチョコレート菓子 'Tim Tam'!! 現在ハマっています。美味しくて、安くて、色んな味を楽しめるんです。

Tim Tamは本当に美味しいですよ。チョコレートクッキーに分類されるんだと思うのですが、濃いチョコレートの周りにサクサクのチョコレートクッキーがあって、それをまたチョコレートが包んでいるという感じです。日本にも近いお菓子はあると思うのですが、ドンピシャのものはないと思います。

Tim Tamはありがたいことに安いんですよ。定価は3.0豪ドル以上するみたいなんですけど、2 for 5 でよく売っていますし、安いところだと1.89豪ドルで販売しているのを見かけました。Tim Tamオリジナルには、1パック11個入っているので、ボリューム的にもお得感があります。1パック5豪ドルしてもおかしくないクオリティとボリュームだと思います。

Tim Tamは、Colesなどのメジャーなスーパーマーケットでは必ず入手できます。小さなスーパーマーケットでも見かけました。味も多様で、オリジナル、ダークチョコレート、ホワイトチョコレート、このほか色んな味のバージョンがあるようです。僕はダークチョコレートが好きです。ホットコーヒーに合います。
Source) Ryo
美味しくて、安くて、簡単に手に入るTim Tam。僕の第二セメスターの相棒になりそうです。みなさんも是非お試しください! オーストラリア発祥のチョコレート菓子です。お土産にもいいかもしれませんね。

関連記事

2017年7月1日土曜日

オーストラリア国立大学(ANU)とクイーンズランド大学(UQ)の違い

オーストラリア国立大学(ANU)の学生として過ごして半年、クイーンズランド大学(UQ)の図書館で過ごして半月が経ちます。独断ではありますが、両大学の違いの印象に触れたいと思います。日本人の多少、年齢層の幅、プログラムの密度、の三点です。

ANUは日本人が少ないです。前述のとおり、僕の大学院には博士・修士課程を合わせて日本人学生は僕一人です。香港からの友人の紹介で、一度だけ日本人学生に会いましたが、ANUではそれっきりです。それに比べてUQは日本人が多いように思います。学生食堂でも図書館でも日本語を聞く機会が数回ありました。

ANUは学生の年齢層の幅が広いと思います。Crawford Schoolでは30代前半までが7〜8割程度を占めると思いますが、30代後半や40代以降の学生も2〜3割程度はいると思います。50歳以上の学生もいるようです。一方、UQの学生は30代前半までが9割を占めるイメージです。あくまで、学生食堂と図書館で半月間過ごしたイメージですけれども。

ANUのカリキュラムの密度の方が濃いと思います。UQの図書館では6月23日(金)の最終テスト期間終了日までたくさんの学生が勉強していました。一方、ANUでは6月19日(月)から既に次のPSP(プレセッショナルプログラム)が始まっています。UQが1セメスターを実施している間に、ANUは1PSPと1セメスターを詰め込んでいるようです。

簡単にANUとUQの違いのイメージについて説明しましたが、どちらがいいということではありません。実は、僕自身、この二つの大学のどちらに行くか迷ったんです。ただし、とことん勉強したい人にはANUの方がいいのかもしれません。僕はANU Crawford 'Cram' Schoolと呼んで、クラスメイトの共感の笑いを得ていますが。

関連記事
オーストラリア国立大学(ANU)の国際性
ブリスベンのクイーンズランド大学(UQ)

2017年6月30日金曜日

ブリスベンのクイーンズランド大学(UQ)

留学生にとってブリスベンといえば、クイーンズランド大学(The University of Queensland, UQ)ですね。僕は今、毎日のようにUQ St. Luciaの図書館でブログを書いたり、経済学の本を読んだりして過ごしています。

UQに図書館はいくつかあるようですが、僕は社会科学・人文科学の図書館にいます。まだ新しいのかなぁ、広くて綺麗ですね。UQの学生用のデスクトップの数も多いですし、自分のラップトップを使う自習用デスクも多いです。図書館の2階にはカフェがあり、僕はここのアイスラテがお気に入りです。ミディアムサイズが4.5豪ドルです。

学生がランチなどに集うUnion Complexも綺麗ですね。色んな国々の食事を楽しむことができます。僕は日本食の店の日本風カレーにハマっています。ベジタリアン用ということで、野菜コロッケが入っています。ボリューム満点です。値段は8.9豪ドルです。ランチを10豪ドル以下で楽しめるのはありがたいですね。ポテトフライなども安く販売しています。

学生だけでなく、近隣の人々も楽しめるのが、UQ Lakeですね。UQ St. Luciaのバス停から図書館までの途中にUQ Lakeがあります。様々な種類の鳥がいます。鳥たちが人懐っこくて、近寄ってくるんです。コモドドラゴンみたいな大きなトカゲも見かけました。UQには自然が溢れている感じがします。癒されますね。
Source) Ryo
UQもいい大学の一つなんですよね。オーストラリアのグループ・オブ・エイトの一つですし、世界ランクも50位くらいだと思います。図書館もいいし、Union Complexも楽しめるし、UQ Lakeは癒してくれるし、ダウンタウンも近いし、特に10代、20代の方にはオススメの留学先だと思います。

関連記事

2017年6月29日木曜日

キャンベラの食事情

キャンベラでは、残念ながら、美味しい和食を食べることはとても難しいです。外食する場合にも、日本人経営のレストランは少ないですし、自炊する場合にも、日本の食材・調味料を置いているショップが少ないと思います。

外食は、キャンベラセンターの中の回転寿司に挑戦したことがあります。でも、握り寿司と呼べるものはサーモンくらいしかなく、後は、フライものをシャリの上に乗せたものが多かったと思います。食べたいものがほとんどなかったです。値段は一皿3.5豪ドルくらいでした。

自炊に関しては、日本の食材・調味料を入手することが難しいです。ANUの近くに韓国系のアジアマーケットがあったのですが、店じまいをしました。もう一軒、中国系のマーケットがありますが、整理整頓がされていなくて、僕はあまり好きではありません。それに加えて、アパートのコンロが小さく、おまけに虫が出ることがあるので、料理をする気にならないのです。

結果として、僕は韓国料理レストランでよく食べています。店の名前は「Izumi」で、まるで日本人が経営しているかのようですが、韓国人オーナーだと思います。特に、野菜・肉類のバランスが良くヘルシーなビビンバを食べます。価格は11.9豪ドルです。キャンベラで晩御飯を12豪ドル以下で食べられるレストランは少ないです。
Source) Google Photos
ビビンバは結構美味しいです。また、「Izumi」は、僕のアパートの1階にあって便利なので、平日の晩御飯はほぼ毎日ビビンバを食べています。メジャーリーガーのイチロー選手が毎日カレーを食べているという話を聞いたことがありますが、僕の場合、カレーではなく、ビビンバです。キャンベラでは単調な食生活を送っています。

関連記事
キャンベラの朝メシ
首都キャンベラの暮らし
ブリスベンの食事情
オーストラリアのチョコレート菓子 'Tim Tam'

2017年6月28日水曜日

ブリスベンの食事情

外国で暮らすには、生まれ育った土地の食事を確保することが重要だなぁと痛感しています。僕の場合、和食です。ブリスベンには和食レストランが多くありますし、和食の食材・調味料の入手もさほど苦労することがなさそうです。

ブリスベンには、外食の場合、居酒屋、寿司、焼鳥、ラーメンなどがあります。特に寿司の看板は多く見かけます。僕は居酒屋に一度行きましたけれども、まあまあ美味しかったです。刺身も久しぶりに食べました。豆腐サラダが特に良かったですね。和食は生の素材の味を生かした料理なんだなぁと実感しています。外食費は、レストランにも依りますが、妻と二人で1回当たり100豪ドル程度の予算です。
Source) Ryo
しかしながら、外食は、コストの問題もありますし、味付けが濃いめということもあって、結局、自炊に行き着くんですね。アメリカ・オーストラリアと1年3か月の海外生活を送って来て、僕の主食は米だなぁ、と改めて感じています。1日1回米を食べないと落ち着かないんですよ。例えば、温かいご飯と生卵と味噌汁。想像しただけで唾液が出ます。米に加え、うどん、そば、そうめんなどの麺類があればどこでも暮らしていけますね。

自炊するためには、アジア系の食材・調味料が必要になります。中華と韓国の食材・調味料も和食を補完します。ブリスベンで二軒のアジア系のお店を見つけたので紹介しておきます。
− Genki Mart <https://www.yelp.com.au/biz/genki-mart-alderley-3>
      日本人経営のお店のようです。店員さんが日本語で挨拶をしてくれました。日本の調味料を入手できます。小さなお店ですが、日本製のものが並んでいます。
− Yuen's Market <https://www.yelp.com.au/biz/yuens-market-trading-co-fortitude-valley>
      中国人経営のお店のようです。チャイナタウンの入口にあります。交通の便が良いですね。規模が大きく、冷凍の餃子などもあります。

なぜこの二軒がオススメかというと、在庫管理がしっかりしているからです。食材・調味料がきちんと陳列されていますし、店員が在庫をチェックしています。もう一軒アジア食材を扱う店に行ったのですが、賞味期限切れのそうめんが店頭に並んでいました。

インドネシア・ジャカルタで暮らす先輩が、海外生活で重要なのは食事だ、と話していたのを思い出します。アラフォーのせいもあってか、ピザとハンバーガーでは暮らしていけないんです。

関連記事

ブリスベンの気候
キャンベラの食事情
ブリスベンのクイーンズランド大学(UQ)
オーストラリアのチョコレート菓子 'Tim Tam'

2017年6月27日火曜日

ブリスベンの気候

実は今、冬休みを利用して、妻の住むブリスベンに滞在しています。6月10日(土)に来たので、半月ほどここで暮らしていることになります。ブリスベンは暖かいし、空は青いし、都市の中央を流れる川が潤いをもたらしてくれているし、気候だけを考えても暮らしやすい都市ですね。

ブリスベンは温暖です。一年を通じて気温が10℃を下回ることはあまりないようです。真冬の今でも、昼間は汗ばむ陽気ですし、夜も少し暖房を入れる程度で寒さをしのげます。湿度もやや高めだと思います。僕は皮膚が弱いので、あまり乾燥していると、皮膚が荒れるんです。ブリスベンの気温・湿度は僕に合っているように思います。

ブリスベンの空は青くて広いです。都市の中央に少しばかり高層ビルがありますけれども、基本的に高層ビルや高層アパートがないんですね。朝、昼、夕の時間があるときに、空を見ているだけで気持ちがスッキリします。

ブリスベンリバーも、まるで京都の鴨川のように、都市に憩いを与えてくれます。川沿いにはレストランやバーがたくさんあります。週末には芝生の上でたくさんの人が寝そべっています。バーベキューをしている人もいます。生ライブのミュージシャンもいれば、大道芸人もいます。

ブリスベンの雰囲気を醸し出す写真を一枚アップしておきますね。
Source) Ryo
長く住むなら、この気候、この都市がいいなぁ、とボンヤリ考えています。

関連記事
ブリスベンの食事情
ブリスベンのクイーンズランド大学(UQ)

2017年6月26日月曜日

フィリピン・セブのIELTSイントラクターGI

フィリピンのセブ島は、リゾート以外にも英語研修で有名です。特に日本資本と韓国資本の英語学校がたくさんあります。僕は2014年末から2015年始にかけて、日本資本の英語学校に行ってきました。その際、知り合ったフィリピン人講師の一人でIELTSイントラクターの資格を持つGIには、2年半が経つ今も、個人的にオンラインで教えてもらっています。
Source) Google Maps
日本で仕事を持っていたときは、彼女から平日夜に25分間のレッスンを受けていました。現在は週末に50分間連続(25min*2)のレッスンを受けています。僕が引越しや大学院の試験などで忙しいときはパスしますし、GIの方も2015年からの2年半の間に赤ちゃんを出産するときにはパスするなど、お互いにフレキシブルです。レッスンはスカイプで行われます。

レッスンの内容は、IELTSのスピーキングです。彼女はどこから仕入れているのかわかりませんが、問題を豊富に持っています。彼女が出す Part 1, Part 2, Part 3 の問題を25分間なり50分間なりひたすら答え続けます。今はIELTSを受験していないのですが、IELTSの問題にロジカルに答える訓練が普段の生活や大学院の授業に役立つと思って続けています。

気になる授業料は格安です。僕が交渉した訳ではなく、GIの方から提示した料金です。25回のレッスン料を West Union という国際送金システムを用いて前払いしています。彼女のビジネスは第三次産業、頭脳を用いたサービス業に当たるので、もっと授業料が高くてもいいとは思うのですが、わざわざ僕の方から引き上げることは提案していません。

GIとの個人契約開始のときは正直、大丈夫かなぁ? と不安でした。まだ日本に住んでいた頃、フィリピン国内のインターネット接続が悪くてレッスンを受けることができずにストレスを感じたこともありました。日本からアメリカ、オーストラリアへ転々としてきた今では、なぜ僕は日本にいたときにあんなにイライラしたのだろう? と不思議に思います。

フィリピン・セブのIELTSイントラクターGIとのレッスンはいつまで続くのでしょう? 楽しみです。同時に、彼女たちの生活環境を良くしてあげたいという気持ちも持っています。

関連記事
IELTS
IELTSスコアを留学水準のOverall6.5以上に上げる方法