2017年9月10日日曜日

日本/世界銀行 共同大学院奨学金制度日本人向け特別枠

海外大学院留学に役立つ情報について書き記しておきたいと思います。日本政府と世界銀行が共同で、大学院奨学金制度日本人向け特別枠を設けてくれています。これは開発経済学などを学び、将来、発展途上国のために働くことを目的とする人のための奨学金です。

2016年12月に世界銀行東京事務所のEニュースでこの奨学金の存在を知りました。年明けに3人の推薦人に推薦してくれるようお願いし、推薦状のドラフトを作成しました。それから僕自身の出願理由書を作成し、2017年2月に日本政府と世界銀行の共同連絡先に出願を行いました。

待つこと半年弱、2017年7月に世界銀行から受諾通知が来ました。嬉しかったです。奨学金は第2セメスターからの授業料に加え、生活費・医療保険も一部補助してくれます。予想以上にキャンベラの物価が高いため、この奨学金は本を購入したり、生活水準の向上のために有効に使おうと思っています。

そうそう、この奨学金の年齢制限は45歳までなんです。アラフォーの僕にとってはこれしかない、という奨学金制度です。また、オーストラリアではANUだけが対象大学院でした。ANU Crawford School で学ぶ後輩にも利用してもらいたい制度です。2018年の募集要項を添付しておきますね。<http://www.worldbank.org/en/programs/scholarships#4>

2017年9月9日土曜日

中国人民抗日戦争記念館

5年前の2012年12月に中国・北京へひとり旅に出たときのことです。日本が第二次世界大戦を引き起こすきっかけのひとつである盧溝橋事件の現場を訪れることにしました。盧溝橋自体は北京郊外に今もある橋です。ついでに橋の袂にある中国人民抗日戦争記念館<http://www.1937china.com/jp_web/>に入ることにしました。

記念館は人まばらでしたが、館内の資料を見るにつれ、僕は唖然としました。日本軍が行ったとされる殺人・強姦の写真やビデオ、新聞記事を多く見ました。特に、無数の遺体の上に無造作に放置された、強姦され、殺され、仰向けの全裸で女性器に槍を刺されたままの少女の遺体の写真に釘付けになりました。しばらくの間、込み上げる嗚咽と共に考えました。日本では、中国国内の戦時中の写真やビデオは中国共産党のでっち上げだという論評を聞くことが少なくありません。けれども、中国がここまで事実を捏造する必要性がありません。これは日本軍の仕業だと残念ながら考えるに至らざるを得ませんでした。

当時の僕は、日本は戦後処理を国際法上はほとんど終えていると考えていましたし、中国人や韓国人の反日感情にピンとこないこともあったのです。しかし、この記念館を訪れて、中国や韓国の人々の気持ちが少しわかる気がしました。中国の人々の日中戦争に対する見方を垣間見ることになったからです。もしかしたら、日本軍のなかにも一般市民の殺人・強姦を行わなかった部隊もあるかもしれません。しかし、少なくとも一部の部隊が中国一般市民の殺人・強姦を行ったことは避けがたい事実だと僕は思います。

記念館の最後に、第二次世界大戦の反ファシズム勝利を祝うための、世界中の国旗を飾ったコーナーがあります。でも、どこを見渡しても日本の国旗はないんです。ショックでした。自分の歴史認識の甘さに気づきました。世界には日本・日本人を嫌いな人もいるのです。

日本に帰国後、行きつけのカウンターバーでお店の大将とこの話をしていたら、横に座っていた他のお客さんに「何を言ってんだ!中国共産党の陰謀に決まってるだろ!騙されるな!」などと怒られました。その方は中国でビジネスを展開していると話していました。僕は黙るしかありませんでした。僕は、歴史というものは様々な角度から観ることが重要だと思います。


中国人民抗日戦争記念館
Source) Google

関連記事
日本人であるということ
靖國神社と千鳥ケ淵戦没者御苑

2017年9月5日火曜日

靖國神社と千鳥ケ淵戦没者御苑

突然ですが、靖國神社と千鳥ケ淵戦没者御苑の両方を訪れたご経験はありますか? 僕は2014年4月上旬の桜咲くある日、両方にお参りしました。靖國と千鳥ケ淵はとても近いんですよね。徒歩10〜15分程度だったと記憶しています。当時のケネディ米大使の千鳥ケ淵参拝をきっかけに、双方はどう違うんだろうと改めて疑問に思い、自分の目で確かめることにしました。

先に靖國神社に行きました。靖國神社はあくまで神社であるという印象と、菊の紋章(天皇および皇室の印)が目立つなぁという感じを持ちました。正直、第二次世界大戦の戦没者を慰霊するために、どうして日本の政治家が靖國神社にお参りするのかピンときませんでした。天皇家にゆかりが深く、歴史ある神社ということに大きな意味があるのでしょうか?

昼食を挟んで、次に千鳥ケ淵戦没者御苑を訪れました。ああ、ここは戦争で亡くなった方々を慰霊するための場所だ、と僕はすぐに感じました。亡くなった方々のために心からお祈りしました。漂う雰囲気が違うんです、神社とは。靖國神社より千鳥ケ淵戦没者御苑の方が、第二次世界大戦の戦没者の慰霊にふさわしい場所だと思いました。

機会があれば、ぜひ御自身で両方を訪れてみてください。僕は左翼でも右翼でもありません。普通の日本人の一人です。今となっては、日本の総理大臣やその他大臣が誰のために靖國神社に行くのか、行こうとするのか、僕にはわかりません。千鳥ケ淵に参拝先を変更したら、日本国内で暴動が起こるのでしょうか? 右翼に抹殺されてしまうのでしょうか? 後者の可能性を否定しきれないところが残念です。

千鳥ケ淵戦没者御苑
Source) Google

2017年9月3日日曜日

日本人であるということ

今日は少し重たいテーマに挑戦してみたいと思います。昨年4月に日本を出国して、約1年半の間、米国・豪州で暮らしてきました。その海外生活の感触として、日本人であるということはメリットが大きいと感じています。これを僕なりに解釈すると、20世紀初頭から1945年までの欧米列強との戦争、第二次世界大戦後の経済復興・成長、そして海外で働く日本人の真摯な姿勢のおかげだと思います。

1902年の日英同盟、1904年の日露戦争から第二次世界大戦の間、日本は欧米列強と対等に戦いました。日本による他のアジア諸国への侵略行為が許される訳ではありませんが、日本は欧米すなわち白人社会と極めて対等に戦った白人以外の人種の唯一の国なのです。日本人が本気になったら非常に怖く手強い存在であるという印象は白人を含めて世界中の多くの人が持っていると思います。

また、第二次世界大戦後の経済復興・成長も日本人に対する高い評価の原因のひとつです。戦後の焼け野原からGDP世界第2位にまで上り詰めました。日本が経済成長しただけでなく、戦後の成長モデルとなってアジア経済を支援・牽引しました。「アジアの奇跡」は日本から始まったことに異論のある人は少ないと思います。

そして、日本人の個人としての真摯な姿勢に好感を持っている人が少なからずいます。日本・日本人を好きだという人に数多く会ってきました。確かにエコノミックアニマルと言われ、アジア諸国で買春を行った馬鹿な日本人もいると思いますが、基本的には日本人は真面目で誠実に働くという印象を世界中の多くの人々が持っています。これは、特に日本人ビジネスパーソンの勤勉さの積み重ねの結果でしょう。

要するに、日本人は世界中の人々から一目置かれている存在なのです。僕は会社を辞め、単なる学生となっているにも関わらず、これらのことを実感しています。つまり、日本の国籍を持つということは、それだけでステイタスだとも言えるでしょう。我々の先輩が築いてきたこのステイタスを維持し、さらに発展させることを意識しておくことは、日本人として海外で行動する際のひとつの指針になるのではないかと思います。


Source) Google
関連記事
靖國神社と千鳥ケ淵戦没者御苑
中国人民抗日戦争記念館

2017年9月1日金曜日

日本の終戦記念日と東南アジア諸国の独立記念日

今日で第2セメスターの前半6週間が終わりました。明日からティーチングブレイクです。名前のとおり、先生がレクチャーを休むだけで、学生の休みではありません。とはいえ、少しホッとできるというのも事実です。少しブログを再開したいと思います。クラスメイトにインドネシア出身が多いため、8月17日がインドネシアの独立記念日であることを知りました。ご承知のとおり、8月15日は日本の終戦記念日なので、アッと思い、東南アジア諸国の独立記念日を調べることにしました。結果は以下のとおりです。

           独立記念日      独立直前の支配国
インドネシア     1945年8月17日    オランダ
カンボジア      1953年11月9日    フランス
シンガポール     1965年8月9日      マレーシア
タイ            −       (植民地化されず)
フィリピン      1898年6月12日    スペイン
ブルネイ       1984年2月23日    イギリス
ベトナム       1945年9月2日      日本
マレーシア      1957年8月31日    イギリス
ミャンマー      1948年1月4日      イギリス
ラオス        1953年10月22日     フランス
(ASEAN10か国50音順)


このように並べてみると、インドネシアとベトナムの2か国の独立記念日が直接的に日本の終戦記念日の直後であることがわかります。タイとフィリピンの独立は第二次世界大戦とは無関係です。それ以外の国は第二次世界大戦が終わって数年から数十年経ってからの独立となります。

日本の終戦記念日の直後に東南アジア諸国の独立記念日が多くあるのではないか?という僕の仮説はやや外れたことになります。もちろん、この結果によって、日本の第二次世界大戦での侵略行為を正当化しようとするものでは全くありません。逆に、かろうじて植民地化を免れたタイや少し意味合いの異なりそうなシンガポールを含めて、すべての東南アジア諸国が欧米や日本による植民地化という屈辱的な目に合っていることの意味を改めて考えさせられます。

東南アジア諸国からのクラスメイトは総じて日本に友好的な感じがしますが、まだ本音トークはしたことがありません。機会があれば、独立や第二次世界大戦の話を聞いてみたいと思います。

ASEAN旗
Source) Google

2017年8月12日土曜日

クラスメイトの悲痛な叫び

既に第2セメスターが始まって1週間以上経った7月31日の午後、南ア出身のクラスメイトの一人が、次のメールをANU Crawford School のプログラムコーディネイターに送りました。同じような境遇の人がいると思ったのか、クラスメイト全員をCCに入れていたので僕も知ることになりました。


Dear *AL,

I met you during the break. Please may you kindly assist me, I would like to request credits  as I have a background in economics. In addition, kindly be informed that I failed a subject (IDEC 8029) but I need to finish my course in the pre-requisite time and would like to avoid an extension or alternatively prepare in advance for the workload.

Regards
*SH


訳すると、次のような感じになるかと思います。


親愛なる*AL、

私、あなたに会いましたよね、休暇中に。優しくサポートしてくれてもいいんじゃないですか? 私には経済学のバックグラウンドがあるので、*この大学院での履修単位としてリクエストしたいです。それに、IDEC 8029(*不完全競争理論)の単位を落としたことをご丁寧に連絡くださったけれども、私は予定どおりの時期にコースを終了しなくちゃならないんです。時期延長は避けたいですし、そのために必要ならば、勉強負荷の増加に前以て備えたいです。

よろしくお願いします。
*SH


このメールをどのように捉えるかは意見の割れるところかもしれません。しかし、経済学のバックグラウンドがあっても単位を落とすほどテストが難しいと言うことは理解していただけるのではないかと思います。この女性は、南アでは相当に優秀な成績だったと想像します。ANU Crawford School では、生徒も大学院の先生・職員も大変です。

(* ... 僕が原文に変更を加えています。)

2017年7月28日金曜日

豪州・米国・日本の暮らし易さ比較

豪州に7か月、米国に9か月、日本に数十年住んだ実体験から、3か国の暮らし易さを比較してみたいと思います。豪州と米国の在住期間が短いため、偏った見方になるかもしれませんが、アラフォーの豊富な人生経験に基づく直感的な印象として捉えていただければ幸いです。(1)表現・行動の自由度、(2)社会システムの効率性、(3)階級・身分的な同質性、の三点から検討してみます。


豪州・米国・日本の暮らし易さ比較
Source) Ryo
(1)表現・行動の自由度
表現・行動の自由度はダントツで米国が1位でしょう。米国社会では、多種多様な人がそれぞれに好きなことを行なっているという印象が強くあります。僕が住んでいたときは、オバマ元大統領の後任選挙運動がありましたが、同じ町にも、トランプ氏を熱狂的に支持する人もいれば、クリントン氏を熱烈に支持する人もいましたし、サンダース氏を再び担ごうという人さえ少なからずいました。僕の経済学の師匠であるスコットランド出身のビバレッジ先生が、今やパスポートを更新していないという話もまんざら信じられない話ではないのです。税金を払わずに森の中で暮らしている人もいるんではないかなぁと想像します。

日本は3位だと思います。自宅であれ、職場であれ、上下前後左右の人にひどく気を遣いながら生きなければならない空気が重たく存在していると思います。


豪州は米国と日本の中間という印象です。米国ほど野放図な社会ではないし、日本ほど息苦しくもないと思います。


(2)社会システムの効率性

社会システムの効率性はダントツで日本が1位でしょう。田舎でも24時間オープンのコンビニがあるなんて、米国でも豪州でも考えられません。行政を含むサービス業の対応スピードや均質性もずば抜けていると思います。

米国が3位でしょう。行政を含むサービス業の質の低さは呆れるほどです。僕がノースカロライナ州の田舎町に住んでいたせいも多少はあると思いますが、DMV(日本の陸運局)の担当官の対応はディズニー映画"Zootopia"に模写されるくらいです。<https://www.youtube.com/watch?v=x_2E6nlnMPU>


豪州は日本に近いですが、日本ほどは洗練されていない感じがします。また、挨拶や意思決定などの場面で、良い意味での人間臭さが、カフェやレストランのスタッフなどにも残っていると思います。


(3)階級・身分的な同質性

階級・身分的な同質性は豪州が1位ではないかと思います。おや?と思われる方もいるかもしれませんが、豪州社会は米国に劣らず多様な人種から構成されています。そして、その多様性を皆が認め、受け入れている印象が強いです。アクセントの異なる英語を話していても笑ったり咎めたりする人はいません。

米国は最も階級や身分を感じさせる気がします。ノースカロライナでは白人と黒人の生活水準の違いを実感しました。自由ではあるけれども、出発点は白人と黒人で大きく異なると思います。白人が大型車の窓から中指を突き出して大笑いし、黒人が車道沿いで物乞いをしているという状況はステレオタイプではなく現実です。アジア系もアイビーリーグに入学規制されているとの報道があります。人種・性的差別発言を行ったトランプ氏が大統領になる社会なんです。


日本は米国ほど階級や身分を感じさせないように思います。けれども、日本以外の国籍の人にとっては日本は入ってゆきにくい社会だと思います。海外からの旅行者数こそ増えつつあるものの、移民に対しては依然として極めて厳しいですね。特に日本人と日本人以外とのとてつもない処遇の差があるという意味で、豪州より日本に階級や身分というものを僕は感じてしまいます。




総合的には、多くの人にとって、豪州が一番暮らし易いんじゃないだろうかなぁと思っています。米国は効率性や階級・身分という点で、日本 は自由度という点で暮らしにくいと思います。もちろん、上記尺度以外にも暮らし易さを測るものはあると思います。例えば、安全性など。米国では銃社会の怖さを垣間見ました。おわりに、日本を社会システムの効率性の基準で1位としましたが、それが社会全体の観点から本当に良いことなのか、僕には甚だ疑問です。過度の効率性は人間を疲弊させるかもしれないと思い始めています。


関連記事
ビバレッジ先生

2017年7月23日日曜日

ANU Crawford School 第1セメスターの成績

オーストラリア国立大学(ANU) Crawford School での第1セメスターの成績が確定しました。僕の成績は、HD(High Distinction)x2とD(Distinction)x2です。

まず、ANUの成績システムについてご説明の必要がありますね。大きくは、50点以上が合格、50点未満が不合格です。合格のうち、50-59: Pass, 60-69: Credit, 70-79: Distinction, 80-100: High Distinction です。詳しくは下表「Grading Scale」をご覧ください。


Grading Scale
Source) ANU
次に、GPAですが、オーストラリアの大学はアメリカの大学と異なり、大学ごとに個別のGPA算出基準をもつようです。ANUのGPA算出基準のリンク<http://www.anu.edu.au/students/program-administration/assessments-exams/grade-point-average-gpa>を添付しておきます。僕の場合、GPA6.5になるようですけれども、意味合いはまだよく理解していません。アメリカ基準だとGPA3.5になるのかなぁ?と思っています。

最後に、第1セメスターの成績を受け取った感想です。ANUは日本の大学・大学院と違って、容赦なく低いスコアをつけます。クラスメイトも驚いていました。これが、世界第20位にランキングされる一つの要因かもしれないとも思います。簡潔にいうと、同じ学位でも良い成績と悪い成績では雲泥の差があることを成績が示すということです。おそらく不合格の人も少なからずいると思います。

第1セメスターの成績については、自分では納得しています。慣れない英語・経済学を含む新しい環境のもとでよく頑張ったと思います。もし外国の大学院で全部HDやAを取りたければ、国内の大学と同じ専攻を選択すべきだと思います。僕のように専攻を変えるとかなり厳しいです。明日から第2セメスターが始まります。

2017年7月9日日曜日

エコノミスト?

キャンベラに戻って来て約1週間が経ちました。第2セメスターのPSP(プレセッショナルプログラム)に参加しています。僕はマクロ経済学の1コマだけです。半年遅れで入学した後輩たちが疲れ切った表情で全プログラムに参加しています。僕も半年前はこんな感じだったのかなぁ?とギョッとしつつ、こんな横柄な態度の若者たちがエコノミストになって社会にとって何の意味があるんだろう?とちょっと懐疑的になっています。

オーストラリア国立大学(ANU)大学院入学前は、ANUの国際性や途上国の官僚の多さなどに魅力を感じていました。志の高い途上国の若者に会えると期待していたのです。しかし、日本の大学とそう変わらないのかなぁ、と思い始めています。クラスメイトの多くは、自分の生活水準の向上のために大学院に来ているように思えてならないのです。自分の国の貧しい人たちを救いたいという志を語る人には残念ながらまだ出会っていません。

翻って自分自身のことを考えると、僕自身にとっても、卒業後の自分の生活は重要です。妻と一緒に良い暮らしがしたい。でも、人生はそれだけじゃないだろう?と思うわけです。社会に対する貢献、僕の場合は、途上国の貧困問題に貢献することを仕事にしよう、と決意して日本を出たのです。愚かな人間です。第1セメスターの勉強の忙しさ故に、早くも初心を忘れてしまっていたように思います。

ANU Crawford School での勉強が、卒業後の僕の仕事に本当に役立つのでしょうか? 大学院で学ぶ数学が本当に役立つのでしょうか? Crawford Schoolの経済系は明らかにエコノミスト養成コースです。一方、僕はNGO等で働くことを考えています。現場にゆくことと書くこと。この両方を生業としてゆきたいと考えています。考えれば考えるほど悩みは大きくなりますが、どんな人生も矛盾を抱えつつ、突き進むしかないのでしょう。歩きながら考え続けることにしましょう。

2017年7月3日月曜日

胸に込み上げてくる歌 「Wiz Khalifa - See You Again ft. Charlie Puth」

今日で1か月弱の冬休みも終わりです。明日キャンベラに帰り、早速第2セメスターのPSP(プレセッショナルプログラム)に参加します。ブリスベンにいる間によく聞いた歌を紹介したいと思います。「Wiz Khalifa - See You Again ft. Charlie Puth」<https://www.youtube.com/watch?v=RgKAFK5djSk> です。

サビの歌詞がいいですね。「It's been a long day without you, my friend. And I'll tell you all about it when I see you again.」の辺りです。このフレーズを聴いたとき、胸に込み上げてくるものがありました。まだ日本を離れて1年3か月しか経っていないんですけれども、日本に住む親友たちの顔が浮かんできました。

この歌は 「Furious 7」 というカーアクション映画のサウンドトラックなんですが、主演のPaul Walkerは現実の私生活の自動車事故で若くして亡くなったそうです。僕も親友の一人を交通事故で失くしているんです。PV(プロモーションビデオ)の随所に出てくるPaulの笑顔が素敵です。

PVの最後のシーンもいいですね。親友と同じ地点からスタートしてそれぞれ別々の車で別々の道を進む。親友は真っ直ぐ進むけれども、Paulは左に曲がってゆくんですね。他の人と違う道を選んで、日本のビジネスマンを辞めた僕にはグッとくるものがありました。
Source) You Tube
僕はオーストラリアで寂しいという気持ちはあまり感じていないつもりだったんですが、暖かいブリスベンで妻と久しぶりに一緒に暮らしてフッと緊張感が抜けたのかもしれませんね。留学生や日本を離れて長い方の中にも共感してもらえる方がいるかもしれません。オススメの一曲です。

この1か月弱の間、僕のブログを読んでくださった方、ありがとうございました。これから第2セメスターが始まります。毎日は難しいですけれども、引き続き、ブログをアップしてゆきたいと思います。留学を目指している方も、留学中の方も、応援していますよ。お互い、頑張りましょう。